2018年07月05日

‘95 エコノライン スピードメーター不動原因追及

2018.7.5 更新
何か眼下でチカチカしてるな?なんだ...。
気が付くと、シフトレバーに設置されている
オートマのOD、オン/オフランプが点滅!?
ミッションには異常は感じられないんだけど。
スタートからスピードがのる60キロくらいまで
シフトアップを数えようとしたらですね、
スピードメーターは動いてないは
オド、トリップの液晶は消えてるし、泣。

原因は?、ミッション、スピードメーターセンサー、
コンピュター、フューズ切れ?

その時はスピードセンサーかフューズ切れじゃないかと
予想していたのですが後日原因追及してみれば、予想して
いた箇所は壊れてないし....。

はまったてってしまった!!

腰を据えてやるきゃないな。
と、言うことで原因追及までのご報告をしていきましょう。

1)まずはちょいちょいと点検できるのは
  フューズの状態。フューズはOK
1.2)フューズボックスまで電気はきているのか?
   電気もちゃんときていました。
さてさて...。次はなにを点検しましょうかね。
スピードメーターが動かないのですからメーターを動かす
ための電源か?電源を調べるにはエコノラインのメエレクトロ
リックワヤリングダイアグラム(配線図)が必要不可欠。

ここで登場するのがサービスマニアル
2018-07-03 16.55.53.jpg2018-07-03 16.56.05.jpg2018-07-03 16.55.53.jpg2018-07-03 16.54.35.jpg

画像のダイアグラムはスピードメーター周辺の配線図ですね、ほかにもエンジンルーム内、車内、
などセンサーやデバイス、モジュールに特化した配線図がありますよ、今回はスピードセンサー
、クラスターパネル、周りの配線図を参考にします。

2. )バッテリーから供給される電源はIGNどこへ流れてどこへ行くのか?
2.1)バッテリーから流れた電源はIGNスイッチへ行きそれぞれのリレー 
   へ流れていきます。
2.2)リレーから重要な役目を果たしている各モジュールへと電源が流れ
   ていきます。

2018-07-03 16.20.03-2.jpg

3. )モジュールからクラスターメーターへ流れた電源はメーター内の
   ワーニングランプを点灯させたり計器類を動かします。
3.1)エンジンをスタートさせるとンジンコンピュターとボディーコンピュター
   はダイアグノーシス(自己診断)を行い正常ならワーニングランプを消灯させます。
   異常が発生している時は消灯せずドライバーに異常を知らせます。
3.2)SES点灯には定義があり、エンジンをスタートさせてから一定時間
   エンジンランを続けエンジンを止める、この動作をワンサイクルと言います。
   SES点灯にはランクがあり、
   1サイクルでSESを点灯させるトラブル 2サイクルで点灯する故障 3サイクルで点灯する故障。
   あります。 よく耳にするがSESが点滅してるときは、トラブルが重複した時だと聞きますが
   これはまったくのデタラメでSESが点滅するのは「かなりやばいから早く直せ!」とエンジン
   コンピュターが警告しているのです。

SESが点灯したからと言ってエンジンが壊れたり止まったりするわけではありません。
多くはセンサー不良でクリーンな排気ガスにできなくなった時や燃料蒸発ガスを処理できなく
なった時に点灯するのです。SESが点灯しエンジンが止まったとかエンジンがスタートしなく
なった場合もあると思います、それにはこのような訳があります。

燃料ポンプには良否を判断するセンサーなどは付いていませんよね。
だから突然止まって困ったちゃん、アメ車オーナーにとっては尽きない
心配材料ですよね。

徐々に弱ってきたポンプなら他のセンサーがそれを教えてくれるんですよ!
O2センサートラブルは皆さんも悩まされた事はあることでしょう。
センサーヒーターのトラブルとかではなく、難しい文言で
「フューエルトリムリッチとかリーン」とか。
リーンは混合気に含まれる燃料が少ないという意味ですね。
リッチは混合気が濃い、つまり燃料が多く混ざっているという事です。

ポンプが弱ってくると燃料圧力が低下しインジェクターに供給される
燃料が僅かですが少なくなり混合気が薄くなるのです。

燃料が薄くなった混合気が燃えると燃焼ガスに含まれる微量な酸素の
量が変わり規定の数値から外れO2センサーが異常を検知しSESを
点灯させるのです。

スキャナーやコードリーダーでトラブルコードを読み取ったメカニックは
ダイレクトにO2センサートラブルと認識してしまう場合もあるのです。

診断機がそれなりのテスターであればO2センサーがモニターしている
値をリアルタイムで読み取れるので誤診はまずないでしょう。

なにも考えずトラブルコードをダイレクトに受け止めO2センサーを
交換してしまいSESランプがなおも点灯をしてしまう、よくある事ですね。

O2センサーをモニターできれば数値の変化に気が付きセンサー故障でない
事が分かります。

それではなぜ?O2センサートラブルで点灯するのか、もう分かりました
よね!燃料ポンプが弱り送る燃料の量が少なくなってしまうので混合気が
薄くなりO2センサーは異常を検知しSESを点灯させたのです。

このように関係ないと思われいるセンサーのトラブルから、センサーが
付いていない燃料ポンプなどの不良を知る事もできるのです。

4) クラスターメーターまで電源が行ってのか点検するにはメーターを
  外します。
4.1)車体側ハーネス、クラスターメーターパネルカプラまでの電源を点検していきます。
4.2)点検に使う道具は、デジタルサーキットテスターと点検灯。
2018-07-03 16.39.51.jpg2018-07-03 16.44.39.jpg

4.3)点検時にショートさせないように注意しマニアルを参考にプラス電源、マイナスアースは
   正常か点検していきます。
4.4)カプラー内の各コネクター電源をIGNスイッチ、ON/OFFで点検していきます。

 コネクター点検方法は次回更新に続けていきます。


   





posted by TGR at 12:03 | TrackBack(0) | 日記